代ゼミの英語4技能試験対策
HOME > セミナー・キャンペーン > 代ゼミの英語4技能試験対策

大学入試・大学教育が変わります! 社会のグローバル化の進展を背景として、「英語4技能」試験を入試に活用する大学が増えてきています。
代ゼミでは各試験に特化した対策講座で、大学入試を有利に進める高得点獲得を目指した英語力を育てます。

現在、文部科学省では2020年度に向けて大学入試改革の具体的な施策が協議されており、その中で現行の大学入試センター試験に替わる新テスト「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に、GTEC CBTやTEAPなどの英語4技能(「聞く」「話す」「読む」「書く」)を測る検定試験を活用する案が検討されています。
一方、現行の入学者選抜においても、すでに一部の大学では上記の検定試験が入試英語試験の代替として採用されたり、出願資格や出願要件として活用されています。大学入試に英語検定試験を導入する動きは、今後も拡大するものと予想されます。
代ゼミは「英語4技能」育成のために、GTEC CBT及びTEAP の対策講座を開講しました。

GTEC CBT対策講座

ベネッセコーポレーションが運営する英語検定試験。
グローバル人材を目指す高校生の英語4技能の総合的なコミュニケーション能力を、コンピューター(パソコン)による出題・解答方式で測定します。詳細を見る

TEAP対策講座

日本英語検定協会が大学入試を想定して開発した英語検定試験。「大学教育レベルにふさわしい英語力」(英語4技能)を測る設計となっており、大学教育(留学も含む)で遭遇する場面を考慮して作成されています。 詳細を見る